荒木竜平監督退任のお知らせ

2020年3月24日

 これまで函館ラ・サール学園ラグビー部を18年間に渡って指導され、花園出場にまで導いてくださった荒木竜平監督が、函館ラ・サール学園を退職することになりました。教員としてさらに自分を磨き、教育を追求していきたいという先生の思いもあり、新たな職場で実践を積み重ねながら研究・研鑽を積んでいきたいということです。ラグビーからは離れ、学校教育、特にご自身の国語科だと思いますがそちらに力を入れていきたいというご意志です。ラ・サールラグビーは宇佐見純平先生が引き継いでいくことになります。荒木先生が重じてきた「自主性」「自分たち自身で考え、高めていく力」が高い次元で備わったチームになってきたとおっしゃっていました。荒木先生には私たちOBにも、花園で後輩たちを共に応援する大きな喜び、共に結集する力をいただき、OB会設立のきっかけも作っていただきました。感謝の念でいっぱいであり、先生がさられるのはとても残念です。荒木先生にも遠くからではあるけれど何らかの関わりを今後とも持ち続けていただきたい旨お願いをしました。 新型コロナウイルス感染症対策で離任式がなく、本日までに在校生家庭に離任のお知らせが掲載された学園だよりが発送されることで正式発表となりましたので本日のお知らせとなりました。なお、荒木先生にはOB会より感謝の意を込めてお礼のご挨拶及び御餞別をお渡ししております。O B会に向けて荒木先生からメッセージを頂戴しておりますのでご紹介いたします。 

 

函館ラ・サールラグビー部OB会の皆様、日頃はご支援、ご鞭撻をありがとうございます。皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。

 さて、私儀令和2年3月31日をもちまして、18年間勤務いたしました函館ラ・サール学園を退職することにいたしました。飽くまで原点は教育、生徒の成長を目的に部活動においても指導をして参りました。毎年、自らの無力に辟易しておりましたが、ささやかながらもチームとしての文化や、成長のための礎は築けたかと思います。私がいなくとも、チームの在り方や方向性は何も変わりません。むしろ、宇佐見純平先生が中学も高校も指導されることで、もっと強い集団が育つことでしょう。さりげないご支援を賜れば幸甚、それに優るものはありません。

 本来は拝眉の上、御礼を申し上げるべきところ、その時機にも恵まれず、略儀ながら書中をもってご挨拶に代えさせていただくことをご容赦ください。これまで、温かく見守ってくださり、本当にありがとうございました。

                                           荒木 竜平 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now